B級見聞録

ソウル楽器市場編

お隣韓国の国内最大楽器市場、ソウル市内南国楽器商街(ナゴゥンアッキサンガ)を仕事の合間に覗いて参りました。A級から評価不能級まで、あるわあるわの大騒ぎでございました。市民のあいだでは「ここにきてモノが無ければあきらめろ」と言われております。

この建物の1階部分は道路でございます。

2、3階がエキゾチックな楽器街です。

フロアは長さ約60m。幅約30m。この中に店舗がひしめき合っています。

長い通路とその両サイドに楽器屋から機材屋まで密集しています。通路上はコマ割りされていて1コマずつが独立したショップです。おそらく初めて見た人は唖然とするでしょう・・・一度チェックした楽器を一回りしてから再度見るには迷子になる可能性も大独立店舗は高額品、通路店は廉価品が主流のようです。

ケーブル屋です。

職人さんが半田ごてを駆使し、店舗内で各種ケーブルを製作しています。

ケーブルの種類:国産品、BELDEN、Monster、カナレ(日本製)など

どれも業務用では有名処の部品群であります。既製品もありますが、注文に応じてちょいと作ってくれます。圧倒的な在庫量です。オヤジお気に入り店です。


ベース専門店です。

B級ベースオヤジ必見ブースでございます。

写真に収まりきれない陳列量で、こんな専門店が5軒ほどひしめき合っています。

ブランドも様々です。日本製はほとんど見かけませんでした。廉価品はネックの造りが甘く、はなっから狂っている物もありましたので要注意。輸入弦はこの度の円高をもってしても、日本での定価相当であります。

エレキギター専門店です。

ギター系の店舗数は群を抜いて多く、何店舗あるのか数えるのをやめたくらい。こんな感じで通路に陳列されて、ちょいとベース、アコギが混ざります。頼めばすぐ試奏させてくれます。

通路店は国産品、独立店はFenderUSA、Gibsonなど高級品の品揃え。

1万円程度から20万円クラスまで多種多数・・・

ドラム専門店です。

ドラム専門店は5-6軒あります。日本製ではパールが圧倒的でした。各店舗で主力取り扱いメーカーが違います。

ストリングス系店舗です。

ベースの他ハープ、チェロ、バイオリンなども所狭しと並んでおります。

店内は厳かな雰囲気が漂います。

マーチンがぎっしりと。
マーチンがぎっしりと。

マーチン&テイラーの店その1

アコギの最高峰マーチンとテイラーを扱う高級店でございます。

壁面には高級モデルが陳列されております。他の店と違い、店内の空調管理を独自でやっていました。

テイラーの壁面
テイラーの壁面

マーチン&テイラーの店その2

テイラーがぎっしりでございます。

豪華絢爛ぶりにため息がでます。

キーボード屋です。

よく見えませんが店内には多くのシンセなどが鎮座しています。

こんな店舗が4-5軒。

他にピアノ専門店もあります。

小間物屋です。

譜面台、マイクスタンド、ギタースタンド、ピック、ケア商品などが揃っています。

覗くといろんなものがあって結構楽しい。

PA通りです。

あやしい廉価スピーカーからEV,JBLなどの高級品まで混在しています。

ミキサー、マイク、アンプの専門店がずらり・・・業者向けな感じです。

BOSEそっくりなBOZE(中国製)を発見し、涙しました。

***参考***

以前台湾で見つけたスピーカー。

BOSE802シリーズか、と思いきや「BOK」(中国製)。

目の幅で涙。

発見!

君は我らがモニタースピーカーTOA SL121君ではないか。

兄弟が異国の地に・・・なでなで。

カフェコーナー

歩き疲れるので途中のカフェコーナーで一休みできます。

待ち合わせ場所にもなっています。

アイスコーヒー用のミルクを頼んだらコーヒー牛乳になって出てきました。

韓国の滞在では「まぁいいか」の精神が肝要です。

おしまい。