最近オヤジの器材に年季が入りトラブルが多発しております。

特にジャック、ボリューム、トーンのたぐいがやられています。

ここら辺の部品は消耗品であり、交換すれば済むことなので大したことは無し。

 

ところが「以前のようなタイトな音が出てこない」という故障ともいえないトラブルに時々遭遇します。ネックは正常、アンプかなと思いきや別アンプでも変わらない、電気系統は何ら問題がなく、原因もつかめなく、最後は耳がオカシイのではと悩みます。

 

試行錯誤の結果、そんなときはピックアップの高さを調整してみます。

ほとんどのメーカーがピックアップの裏側やボディ側に高さ調整のためのウレタンや発泡ゴムが付けてあります。私の場合はピックアップがフィンガーレスト代わりですので、長年の間にピックアップが沈み、弦との距離が離れてしまっていました。

間隔は何mmが良いのかはベースのタイプやメーカーによって違いますので、少々厚めのスポンジを敷き直し、固定用木ねじの締め込み具合で聴きながら調整します。

これでオヤジの2本のベースがよみがえりました。ご参考まで。

おしまい。